未払い賃金残業代相談センター

所定労働時間、残業時間、休日の労働時間および出欠勤を把握し、その証拠を集めてください。

労働時間の把握・証拠

所定労働時間・残業時間・休日の労働時間・出欠勤の把握

会社に請求するにしても、労働基準監督署や裁判所に救済を求めるにしても、働いた時間が分からなくては手続きに入れません。

所定労働時間、残業時間、休日の労働時間、そして出欠勤を把握してください。

労働時間の証拠

使用者側に文句を言わせない、納得させるための証拠を集めてください。
(会社に直接請求する場合だけでなく、労働基準監督署や裁判所に救済を求める場合にも、証拠集めは必要です。)

タイムカードの実物があればもちろんベストですが、未払い(不払い)が生じているような会社では実物が手渡されることはないでしょう。

タイムカードのコピーをとることができれば、言うことなしです。

業務日報のようなものがある職場ならば、時刻を記入してコピーできれば、有力な証拠となり得ます。

機械やパソコンの操作記録(ログ)がとれるのであれば、必ずとってください。

会社の電話機から家族の携帯電話に仕事が終わったことを電話すれば、着信の記録が残ります。

会社の内外を問わず仕事をしていたことを証明してくれる人がいるのであれば、協力をお願いして陳述書のようなものを作成しましょう。

労働基準法の決まり

請求・救済の手順・方法

ページのトップへ戻る